歌詞

22歳

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

白いシーツをまきつけ 背中でサヨナラの

悲しい別離を感じてた 窓の外は光る海

やさしさとか愛だとか 綺麗な言葉など

信じれる程 若くない

それは知っていたけれど

22歳になれば少しずつ 憶病者になるわ

何故かわかる? 貴方

私の髪の煙草の匂い 消えるまでの思い出ね

私の髪の煙草の匂い 消えるまでの思い出ね


やさしくもない貴方に 振りまわされた日々

遊びのふりを続けるには 夏は少し長すぎた

激しい愛の言葉で つつられた歌など

しばらくは もう聞きたくない

強がるには疲れ過ぎた

22歳になれば少しずつ 憶病者になるわ

何故かわかる? 貴方

愛の映画に照れて笑った 貴方が寂しかったわ

愛の映画に照れて笑った 貴方が寂しかったわ


22歳になれば少しずつ 憶病者になるわ

何故かわかる? 貴方

ああ 夏がゆく傷を残して 風はもう秋の気配

ああ 夏がゆく傷を残して 風はもう秋の気配

提供: うたまっぷ