歌詞

FIRST LOVE

鈴木雅之

作詞
小田和正
作曲
小田和正

あての無いデンワを 待ち続けてる 夜は流れて

君の声と あの夏を 確かめたくて

夏に抱かれた君が

だゞそこにいるだけで 心奪われて

そのまま すべてが あの日から 止まったまま


いったい 何が どうしたんだろう

こんな風に 胸が痛いなんて

ためらう心 今は もどかしくて


夏も終わりの海は 思い出残すだけ 君を愛してる

それが まるで はじめての 恋みたいに

分かってることは

この気持ちがたゞの 気紛れではなく

このまま 時が 過ぎてゆけば 辛くなるだけ

絶対 これじゃ らしくないから

いっそ もっと 熱くなって

君を 想う心に 早く 身を任せて


ためらいも ときめきも ため息に消されてゆく

なにげなく 心の中 君の名を呼べば

戻れない だませない もうどこへも行けはしない

今は君を このうでに 抱きしめるほかはない


いったい 何が どうしたんだろう

こんな風に 胸が痛いなんて

ためらう心 今は もどかしくて

絶対 これじゃ らしくないから

いっそ もっと 熱くなって

君を 想う心に 早く 身を任せて

提供: うたまっぷ