歌詞

TOKYO

丸山みゆき

作詞
森田貢
作曲
森田貢

最終電車で 君にさよなら

いつまた逢えると 聞いた君の言葉が

走馬燈のように めぐりながら

僕の心に火をともす

何も思わずに 電車に飛び乗り

君の東京へ東京へと 出かけました

いつもいつでも 夢と希望をもって

君は東京で 生きていました

東京へはもう何度も 行きましたね

君の住む美し都

東京へはもう何度も 行きましたね

君が咲く花の都

君はいつでも やさしく微笑む

だけど心は むなしくなるばかり

いつか二人で 暮らすことを夢みて

今は離れて 生きてゆこう

君に笑って さよなら言って

電車は走る遠い道を

ああ 今すぐにでも 戻りたいんだ

君の住む町 花の東京

東京へはもう何度も 行きましたね

君の住む美し都

東京へはもう何度も 行きましたね

君が咲く花の都

東京へはもう何度も 行きましたね

君の住む美し都

東京へはもう何度も 行きましたね

君が咲く花の都

提供: うたまっぷ