歌詞

Love Balladeは歌えない

清水宏次朗

作詞
松本隆
作曲
織田哲郎

トランペット吹く俺を港で見かけても

あの娘の行方たずねないでくれ

ひざの破れたブルー・ジーンのままで風に消えたよ

わりといい女だったけどね

俺と生き方が違う

Love Balladeは歌えない

あの娘が口ずさんでた

もうBalladeは似合わない

スローなリズムが痛いよ

ほろ苦いぜ


俺の革ブルゾンもぐりこんで歩く

肩の細さを指が憶えてる

優しくされりゃ誰にも甘える猫のようだよ

今頃何処かの長距離バスで

窓にもたれ眠り顔

Love Balladeは歌えない

あの娘がピアノを弾くと

もうBalladeじゃ踊れない

音符が涙に変わる

ほろ苦いぜ

港のBARのビリヤード台に

不幸並べて狙うあの娘

壁にもたれてバーボンのビン

逆さに酔いつぶれた幻

Love Balladeは歌えない

あの娘が口ずさんでた

もうBalladeは似合わない

スローなリズムが痛いよ

ほろ苦いぜ

提供: うたまっぷ