歌詞

北斗を仰ぎみれば

堀内孝雄

作詞
荒木とよひさ
作曲
堀内孝雄

もしもちがった人生を 歩いたとしても

熱き心を俺は 道づれにしていた

空に北斗の星を 仰ぎみれば

人の運命は はかなく愛しい


生きざまは 俺のもの

たとえ時代が変っても

生きざまは ひとつだけ

夢追いすぎると 言われても


いつかひとつの生命を 捨てることあれば

悔いを残さず俺は 目頭を閉じよう

風よ背中をたたけ 雪よ積もれよ

生きる証しが 試練であるなら

生きざまは 俺のもの

夢が古びてしまっても

生きざまは ひとつだけ

少年のままで いたいなら


生きざまは 俺のもの

たとえ時代が変わっても

生きざまは ひとつだけ

夢追いすぎると 言われても


夢追いすぎると 言われても

提供: うたまっぷ