歌詞

埠頭を渡る風

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

青いとばりが

道の果てに続いてる

悲しい夜は

私をとなりに乗せて

街の灯りは

遠くなびく ほうき星

何もいわずに 私のそばにいて

埠頭を渡る 風を見たのは

いつか二人が

ただの友達だった日ね

今のあなたは ひとり傷つき

忘れた景色 探しに

ここへ来たの

もうそれ以上 もうそれ以上

やさしくなんて

しなくていいのよ

いつでも強がる姿

うそになる

セメント積んだ 倉庫のかげで

ひざをかかえる

あなたは急に幼い

だから短い キスをあげるよ

それは失くした

写真にするみたいに

もうそれ以上 もうそれ以上

やさしくなんて

しなくていいのよ

いつでも強がる姿

好きだから

白い と息が

闇の中へ消えてゆく

こごえる夜は

私をとなりに乗せて

ゆるいカーブで

あなたへ たおれてみたら

何もきかずに 横顔で笑って

青いとばりが

道の果てに続いてる

悲しい夜は

私をとなりに乗せて

街の灯りは

遠くなびく ほうき星

何もいわずに 私のそばにいて

ラララ ラ…

ラララ… ララ…

ララララ ラ…

ラララ… ララ…

ラララ ラ…

ラララ… ララ…

提供: うたまっぷ