歌詞

飲んだくれ

TS・トライアングル

作詞
荒木とよひさ
作曲
樫原伸彦

もしもひとり

飲んでいるなら

飾らない心をついで

涙なんか めめしいだけさ

淋しさに 負けてるだけさ

思い通りに行かない

それが 人生だけれど

今日のむこうは誰にも

わかっちゃいないはず

飲んだくれ

たかが おのれの人生

自分には 嘘ひとつ

つけはしないから

飲んだくれ

せめて女の膝で

偉そうな 夢ばなし

聴かせてやれよ

もしも酒に つぶれてるなら

千鳥足 それでもいいさ

胸ん中が 男であれば

その背中 丸くしても

遠い昔が恋しい

それも人生だけれど

生きているから この世が

うしろをついてくる

飲んだくれ

たかが あしたも人生

生意気なガキのまま

喧嘩をしてるさ

飲んだくれ

せめて女の胸で

乳臭い 夢ばなし

聴かせてやれよ

飲んだくれ

たかが おのれの人生

自分には 嘘ひとつ

つけはしないから

飲んだくれ

せめて女の膝で

偉そうな 夢ばなし

聴かせてやれよ

提供: うたまっぷ