歌詞

23才

永井真理子

作詞
永井真理子/浅田有理
作曲
前田克樹

10才の頃小さな私は 解けない悩みがあると

悔しくて泣きながら眠った そんな夜もあったもの

学校からの帰りの道で すれ違う学生たち

白いソックスと革の靴が

なんだか大人に見えて不思議だったよ


17才の頃も今では なつかしい思い出なの

あんなに大人に見えた歳も 自分じゃそうは思えない

人を受け入れてくってことと 受け入れてもらうことが

うまくかみあわないままなぜか 胸だけが熱くなった


今どこへ 今は自分で 今は何を探せばいいのか

さっぱりわからない 悩みさえもからっぽ

きっと心が きっとひとりじゃ きっと栄養失調なんだ

ひどくもどかしいよ

誰かと出会いたい 苦しい出会いでもいいよ


23才の忙しい日々 何かが足りないんだね

情報はこんなにあふれていて 世の中は便利なのに

日陰に干された洗濯物 部屋に置いてくかすみ草

声を出さないものたちだって 何かほしいと言ってる


今どこへ 今はいつも 今はどこかへ向かう途中なの?

さっぱりわからないってことだけわかるの

きっと心が きっとひとりじゃきっとやせっぽちになってく

耕すことをしなくちゃね

喜びわかちあい 大声で笑いたい

誰かと出会いたい 苦しい出会いでもいいよ

提供: うたまっぷ