歌詞

もう逢えないかもしれない

菊池桃子

作詞
康珍化
作曲
林哲司

日差しがひとつ弱まるたびに

ふたりの心も もろくなるね


草原ぬけてミモザの駅へ

あなたを送りに急ぐ

風と夕陽をつれて

そんな怒った顔を

はじめて見たわ

手も握れない私

責めてるみたい

もう逢えないかもしれない

秋は旅人

あなたに枯れ葉の音がした

もう逢えないかもしれない

一度も好きと

言えずにごめんね

いま 風は走る


あなたの影をふまないように

離れて電車が来るの待った

胸が一杯

クルミの枝に そっと

小さく彫った

あなたの名前 冬に

埋れてゆくね

もう逢えないかもしれない

風も旅人

ホームにゆれてるかすみ草

もう逢えないかもしれない

思い出だけが

心に重くて ねえ

折れそうです


もう逢えないかもしれない

夢も旅人

木の葉が涙の海になる

もう逢えないかもしれない

一度も好きと

言えずにごめんね

ほら 風が止まる

提供: うたまっぷ