歌詞

ピンクのモーツァルト

松田聖子

作詞
松本隆
作曲
細野晴臣

水晶の熱い砂 爪先立って

あなたへと灼けた腕 巻きつけるのよ

背のびしているみたい 去年のように

声あげてはしゃげない 大人の恋ね

ゲームなら ルール決めましょ

傷ついても 傷つけても

うらみっこなしよ

ピンクのモーツァルト ねえ感じてる?

神秘なさざ波のシンフォニー

ピンクのモーツァルト ねえもうじきね

ビッグ・ウェーヴが砕けたら

はなやかな九月


潮風に貼りついた 絹のブラウス

スカートの裾を手に 水と遊ぶの

涼し気にうつむいた 瞳の奥で

色っぽい動きだけ 計算してる

塩辛い Kissをしたでしょう

濡れた砂に 横たわった

みち潮の時間

ピンクのモーツァルト ねえ感じてる?

高まる胸のモデラート

ピンクのモーツァルト ねえもうじきね

揺れる音符が 飛び散れば

はなやかな淑女


ピンクのモーツァルト ねえ聞こえるわ

ときめくそよ風は ヴィオリン

ピンクのモーツァルト ねえ待っててね

心の紘が弾けたら

はなやかな九月

提供: うたまっぷ