歌詞

風のエオリア

徳永英明

作詞
大津あきら
作曲
徳永英明

だからエオリア

夢にまで 恋の風があふれたら

ひとりエオリア

泣かないで どんな声もはこんで

口唇に指をあて

君に勇気をあげる

うつ向いた涙に

虹が架かるまで


君はエオリア

鷺色の風に 踊る妖精さ

きっと誰れかと

めぐり逢う そんな朝を信じて

優しさを 結べたら

涙の訳もわかる

せつなくて独りで

髪を切らないで


だからエオリア

夢にまで 恋の風があふれたら

ひとり迷って

泣かないで どんな声もはこんで


君はエオリア

鷺色の風に踊る妖精さ

きっと誰れかと

めぐり逢う そんな朝を信じて

提供: うたまっぷ