歌詞

愛の終わりに

高田みづえ

作詞
花岡優平
作曲
花岡優平

時の流れがそっと 街路樹を染めるみたいに

あの人の心も 変わってゆきました

もうすぐさよならの日が 来るのは分っているけど

今でも信じている あの日の温りを

愛はいつだって 仕方なくこわれてゆくけど

だまされて捨てられた わけじゃない

そんなふうに云ったなら 笑う人もいるけれど

人を信じられない 人よりはしあわせ


もう逢えなくなるのが そんなに今は恐くない

心のどこかでまだ 信じられないのでしょう

電話でさよならを 云って欲しくはないのです

受話器を置いたあとの 淋しさが恐いから

愛はいつだって 仕方なくこわれてゆくけど

だまされて捨てられた わけじゃない

同じことといいながら 誰かが笑っているけれど

愛を信じられない 人よりはしあわせ


愛はいつだって 仕方なくこわれてゆくけど

だまされて捨てられた わけじゃない

そんなふうに云ったなら 笑う人もいるけれど

人を愛せないような 人よりはしあわせ

提供: うたまっぷ