歌詞

夏の日

森高千里

作詞
森高千里
作曲
斉藤英夫

短い夏が通り通ぎてく 静かな浜辺

午後の日差しが波に揺れて

キラキラ眩しい

泳ぎ疲れて眠るあなたの 優しい横顔

このままずっとこの浜辺に

二人でいたいな

頬なでる潮風

沖を走る連絡船

小さな幸せを

今はかみしめたい

のんびり波が寄せては返す

静かな夏の日


ひとりぼっちで過ごす夏には

慣れてはいたけど

辛くて泣いた夜もあった 小さな窓辺で

あなたを知って変わった私 夏空のよう

このままそっとあの涙は 心にしまおう

見渡せば日暮れて

遠く霞む島の灯り

二人の幸せを 祈る一番星

海は夕なぎ夏の終わりの 静かな夕暮れ

頬なでる潮風

沖を走る連絡船

小さな幸せを

今はかみしめてる

のんびり波が寄せては返す

静かな夏の日

提供: うたまっぷ