歌詞

かもめが翔んだ日

渡辺真知子

作詞
伊藤アキラ
作曲
渡辺真知子

ハーバーライトが 朝日にかわる

そのとき一羽の かもめが翔んだ


ひとはどうして 哀しくなると

海をみつめに 来るのでしょうか

港の坂道 かけおりるとき

涙も消えると 思うのでしょうか

あなたを今でも 好きですなんて

いったりきたりの くりかえし

季節はずれの 港町

ああ わたしの影だけ

かもめが翔んだ かもめが翔んだ

あなたはひとりで 生きられるのね


港を愛せる 男に限り

悪い男は いないよなんて

わたしの心を つかんだままで

別れになるとは 思わなかった

あなたが本気で 愛したものは

絵になる港の 景色だけ

潮の香りが 苦しいの

ああ あなたの香りよ

かもめが翔んだ かもめが翔んだ

あなたはひとりで 生きられるのね


かもめが翔んだ かもめが翔んだ

あなたはひとりで 生きられるのね

提供: うたまっぷ