歌詞

憧れ遊び

堀内孝雄

作詞
小椋佳
作曲
堀内孝雄

君を花に例えたら 笑うだろうか

白いユリのようだと云えば

胸の炎に気づいてないと

戸惑うだろうか

君を海に例えたら おこるだろうか

深い謎のようだと云えば

胸のうねりも俺のためだと

いらだつだろうか

君の言葉に歌を聴き

君のしぐさに舞を見る

男はいつも憧れ気分

口づけの間も夢遊び


君を星に例えたら 嫌うだろうか

遠い夢のようだと云えば

胸を合わせてそばにいたいと

悲しむだろうか

君の涙に虹を描き

君の笑顔に空を飛ぶ

男はいつも憧れ気分

口づけの間も夢遊び

君の吐息に四季を織り

君の瞳に愛を見る

男はいつも憧れ気分

抱きしめる時さえ夢暦

提供: うたまっぷ