歌詞

君に吹く風

LINDBERG

作詞
渡瀬マキ
作曲
平川達也

季節の変わり目と 満月の次の日は

ふたりで過ごした夏の 匂が吹いてくる


借りたままの Let it be

まだ聴くことは できないけど

毎日 君の夢 見ることはなくなったよ


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

越えられなかった 2人の距離を越え

流れる雲のように


君が遠い街へ 行くことが決まっても

押えきれない不安を 言葉にしたくなかった


息が白く なる頃に

電話の数 少なくなった

クリスマス それでも 出かける気になれなかった


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

越えられなかった 2人の想いだけを

そっと重ねてみたい


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

越えられなかった 2人の距離を越え

流れる雲のように


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

もらった時計は 引き出しの片隅で

まだ時を刻んでる


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

越えられなかった 2人の距離を越え

流れる雲のように


君に吹く風に なれたらいいのに

やさしくどこまでも

越えられなかった 2人の想いだけを

そっと重ねてみたい

提供: うたまっぷ