歌詞

君はなにも知らないまま

CHAGE&ASKA

作詞
青木せい子
作曲
CHAGE

どこで恋を 間違えたの

君は自分を責めてばかり

戻れなくて 進めなくて

そして涙が運ばれた

無理に微笑む笑顔が

とても悲しそうで

ためいきをつくだけでも

壊れてしまいそうな

君の 震える肩を 抱きしめたくなる

こころの片隅には 僕の映らない

恋しかないひと


いつも僕は 愛しすぎて

まるで終わりを急ぐみたいに

傷つくこと 選んでいる

君はなにも知らないまま

伝えられない気持ちは だんだん深くなる

言えないままの言葉は

たったひとつだけど

どこで 巡り逢っても

愛していたはずさ

風の中で読む 物語ほどのやさしさで

君の 震える肩を 抱きしめたくなる

こころの片隅には 僕の映らない恋

凍えそうなほど 冷たい景色だね


どこで 巡り逢っても

愛していたはずさ

風の中で読む 物語ほどのやさしさで

君の 震える肩を 抱きしめたくなる

こころの片隅には 僕の映らない恋

歩けそうなほど 確かな景色だね


どこであっても 愛していたはずさ

君は なにも知らないまま

(どこであっても 愛していたはずさ)

君は なにも知らないまま…

提供: うたまっぷ