歌詞

Starship

荻野目洋子

作詞
石川正
作曲
深田太郎

地球発の宇宙空港で

初めて恋に落ちた


フライト・ジャケットの襟たて

陽気に冗談とばす


星屑をいくら集めても

君にはかなわないと


ハートの操縦ぐあいも 一流ね

そうよ あなたパイロット


Starship 彗星のように

銀河を切り裂いてゆく

いまは何処を旅してるの?


Starship 私も連れてって

写真だけでもいいから

毎日必ずKissして欲しい


何億マイルも離れた

惑星の砂時計


この素敵なpresentは

私をイライラさせる


何回ひっくり返せば

あなたは帰ってくるの


銀の指輪にぎりしめて

駆けてきて

チャペルで待ってるから


Starship 永遠という名の

船 ふたりで漕ぎだすわ

未来も過去も跳び越えてく


Starship 輝く星座を

あなたの顔になぞって

その日をずっと待ち続けている


翼をなくしたイカロス

太陽の向こう側


もう二度と見えなくなって

しまったわ

いくら叫んでみても


届かぬこの想いは

何処にぶつければいいの

砂時計は止まったまま


Starship 誰よりも高く

遠くへ行ってしまった

こんなにカワイイひと残して


Starship 永遠という名の

船 ふたりで漕ぎだすわ

未来も過去も跳び越えてく


Starship 輝く星座を

あなたの顔になぞって

その日をずっと待ち続けている

提供: うたまっぷ