歌詞

としごろ

山口百恵

作詞
千家和也
作曲
都倉俊一

陽に焼けた あなたの胸に

眼を閉じてもたれてみたい

潮風が 鼻をくすぐる

訳もなく泣き出す私

あなたにすべてを見せるのは

ちょっぴり恐くて恥ずかしい

私が私でなくなるの

くちびるを やさしく噛んで

めざめてくる としごろよ


乱れてる あなたの髪を

やわらかくとかしてみたい

ふりそそぐ 陽ざしの中で

感じるの 大人を 私

ふたりの間に 美しい

何かが生まれて来るみたい

私が私でなくなるの

手のひらに 泪をためて

めざめてくる としごろよ

提供: うたまっぷ