歌詞

話をしていたくて

SMAP

作詞
小倉めぐみ
作曲
長岡成貢

砂浜で花火の準備 みんなが始めた

夕陽が沈みきるまでに

買い出しもしなきゃと 騒いでる


かさばった袋をさげて 君と二人きり

くじ運がないねおたがい なんて言いながら


ねえ入り江をまわろう まだ大丈夫だよ

そこの階段から降りれば わりとすぐに行けるはずだから


いつも話をしていたくて 実はすごく君が好きだよ

ずっと友達でいたからね なんか少しテレてるんだけど

遠くから仲間が探す声 ボートのかげしゃがみこんで

思わず瞳をあわせて笑ったよ


君は気がついてないけれど 人気高くてさ

ぬけがけしたことばれたら 大変だろうな


もう暗くなってきた ほら待ちきれないで

あんなにロケット花火空に みんな次から次飛ばしてる


いつも話をしていたくて 顔を見ずに言った好きだよ

ずっと友達でいたからね なんか少しテレてるんだけど


君と話をしていたくて 胸が痛いくらい好きだよ

別になんでもないふりして かなり鼓動が響いてるよ


遠くから仲間が探す声 手をあげてこたえながら

荷物さげた片手をつないだよ

提供: うたまっぷ