歌詞

月光

B'z

作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘

眠りにおちてゆく その横顔を

むさぼるように見つめ

胸の響き 悟られぬよう

青く染まる部屋を抜け出した


すべてを盗みたい かすかに漏れる息まで

なのにいつかは離れて行くと男は呟いている


何かを期待することで 時にすれ違うけれど

無心に与えあい続けることは 夢の道端に咲く花のようだ

誰にできることなのだろう


ひとつの想いだけを貫こうとすればするほど

愛とはほど遠い力に 激しく揺さぶられる


波のうねりのような 正直なわがままを

もっとぶつけてくれ ごまかしはしない

あなたを抱き締めよう


Wow

とぎれた薄い雲が 目の前をまた横切れば

密かにも大きな決心が 今夜もぼやけてゆく


闇の中から柔らかに月は照らし続ける

少しづつずれながらも 手探りで寄り添い歩く心を

提供: うたまっぷ