歌詞

乙女座宮

山口百恵

作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童

私 ついて行くわ (ほんと)

とうに 決めているの (どこへ)

今から旅に出ようと

あなたがもしも誘ってくれたら


軽く まぶた閉じて (ステキ)

そっと うなずくのよ (そして)

星座の地図を頼りに二人で

幸福を探しにゆくの


さあ 流星に乗って 銀河大陸横断鉄道

そう 夜空にきらめく星の星の世界ね

ペガサス経由で牡牛座廻り

蟹座と戯れ

今は獅子座のあなたと一緒に


私 すぐに行くわ (本気)

いいえ 悔やまないわ (誰と)

信じる事が愛だと教えてくれた

やさしいあなたと


ウェディング・ドレスを着て (白い)

バラの花をかかえ (まるで)

少女漫画の恋人同志ね

二人の目に星が光る


さあ 流星に乗って 銀河大陸横断鉄道

そう この世に散らばる星の星の中から

山羊座に恋してさそり座ふって

魚座に初恋

今は獅子座のあなたに夢中よ


さあ 流星に乗って 銀河大陸横断鉄道

そう 夜ごとに輝く星は星は生きてる

恋する命のときめきだけが乙女座の祈り

若い獅子座のあなたに夢中よ 夢中よ

提供: うたまっぷ