歌詞

優しい陽射し

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

過ぎ行く日々の中で 寂しくなる君は

うつろう心の理由に 一人唇 噛み締めている

誰かと恋に落ちて 名前は覚えるのに

ふっと笑顔の影に 滲む涙が零れ落ちるから

明日を星で占うテーブルの上で

愛を探す夜に ぼんやり時を見つめているだけ

何も悲しまないと 暮らしを彩れば

きっといつか 答えは育むものだと気付く


大切にしてるけど 壊れてしまうから

夢は夢のままだと 諦めてみて 戸惑うばかりで

意味のない物ばかり 集め積み重ねて

形の無いものが またきっと崩れてしまうから

思い出が静かに 心を包むから

夜に身を委ねて 心偽らず安らかに

何も悲しまないと 暮らしを彩れば

きっといつか 答えは育むものだと気付く


憧れが何故か 心を傷めるから

瞳を閉じてみる 全てはきっと優しいはずだと

何も悲しまないと 暮らしを彩れば

きっといつか 答えは育むものだと気付く

育むものだと気付く…

提供: うたまっぷ