歌詞

浦安の黒ちゃん

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

"近頃何だかお前 元気ねえみてえだな"と

忘れかけていたころに電話がなる

"何かいい事ねえか"と "身震いするよな女に

会いに街へ出よう"と俺が言うと


買ったばかりのジープで湾岸道路飛ばし

浦安の黒ちゃんはやってくる

とりあえずお前の家へ今からすぐ行くから

大阪行きのチケット摂ってくれと言う


赤い靴下をいつものぞかせて

"つまんねえ映画ばっかりだな"と冷蔵庫を開け

YEBISUビールにえだ豆をつまみながら

浦安の黒ちゃんは兄貴ぶる


8時30分東京駅プラットホーム

俺達はまずい弁当ぶら下げて

個室に乗り込み売り子に声をかけ

浦安の黒ちゃんは頭をかく


ルルルル ルルルル

ルルルルルル

ルルルル ルルルル

ルルルルルル


釣と女と映画を語り始めると

俺はガムを噛みながら窓の外を見た

田んぼのあぜ道を白いヘルメットかぶり

自転車通学の学生が気になる


名も知らぬ街で名も知らぬ風に吹かれ

"あいつもきっと夢があるんだな"って

急に黙りこくりタバコに火をつけて

浦安の黒ちゃんは目を閉じた


あてもなく俺達は大阪へ着いた

"これからどこへ行くんだよ"って俺が言うと

"わかんねえ"とあっさり黒ちゃんが言ったから

"赤い靴下やめろ"って言ってやった


とりあえず車に乗り南へ走らせた

大阪通天閣に二人で昇った

しょうがねえから俺達流れるネオンサイン見て

バカヤロウって小さな声で言った


しけたホテルのバーじゃ性に合わねえから

俺達は屋台でうどんをすすった

さっぱり色気なしで悪かったなと

なりふりかまわずどんぶりをすすった


よろめく足取りのふらふらの街で

ド真ん中を俺達は歩いた

とんがったまんまの黒ちゃんの背中が

大阪の街で小さく見えた


ルルルル ルルルル

ルルルルルル

ルルルル ルルルル

ルルルルルル

ルルルル ルルルル

ルルルルルル…

提供: うたまっぷ