歌詞

あんたとあたいは数え唄

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

堕ちてきた 堕ちてきた 背伸びをしているあんたが

きれい事 並べた あんたの素顔が落ちてきた


木枯し 吹き抜ける あれは寒い夜だった

ふらりと入った 飲み屋 あんたが一人で飲んでいた


五杯目を飲む頃にゃ あたいはあんたの肩にもたれ

気付いた時にゃ 枕を並べ その日からつまびく数え唄


あんたはあたいの躰(からだ)を求め あたいはあんたの心を探る

ひとつになっても ひとつになれない

今夜もうつろな影ふたつ


日めくりのカレンダー 幾枚破り捨てたものか

口紅の色変えたのは あたいの気紛れ 風まかせ


悲しい歌 唄っても 涙なんて忘れたわ

優しい言葉拾っても でたらめ嘘つき口まかせ


あたいが躰(からだ)を求めた時にゃ あんたはあたいの心を探る

ひとつになっても ひとつになれない

今夜もうつろな影ふたつ


まわりまわって落ちつく果ては 心交(かよ)わぬ ひとりよがり

指折り いつまで唄えばいいのか

あんたとあたいは数え唄みたい


あんたがあたいの躰(からだ)を求めた時にゃ 心が逃げる

ひとつになっても ひとつになれない

今夜もうつろな影ふたつ

あんたとあたいは数え唄

提供: うたまっぷ