歌詞

エレベーター アクシデント

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

手を延ばしたら きっと届くのに それなのに

身動きできず 声さえでないの


あまりに突然 私をおそったAccident

地下のホームへと降りていく駅のエレベーター

背広の仲間たちと乗り込んだ背中は

一目で思い出した あの頃頼ったあなたのものよ


手を延ばしたら きっと届くのに それなのに

初めて会ったスーツのあなたは遠すぎて


昔と同んなじ 癖のある口調 変わらない

キャンパスでいつも 仲間とJokeを張り合った

懐かしい肩のライン 何度も頬寄せた

広くなったみたいね 今はもう誰かの為だけのもの


手を延ばしたら きっと届くのに それなのに

身動きできず 声さえでないの 遠いのよ


あなたの卒業の日 追いつけない私は

置いて行かないでよと 年下の自分 悔やんで泣いた


あなたなしでは 生きられなかった青春を

このままそっと 声をかけないで見送るわ


手を延ばしたら きっと届くのに できないの

あなたの中の私はあの日のままでいい


ドアが開いたら 別々の人が待つ場所へ

お互い違う幸せのために向かうのよ

提供: うたまっぷ