歌詞

空と海の輝きに向けて

松任谷由実(荒井由実)

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

月のまなざしが まだ残る空に

やさしい潮風が門出を告げる

この人生の青い海原に

おまえは ただひとり帆をあげる

遠い波の彼方に金色の光がある

永遠の輝きに命のかじをとろう

果てない旅路にやすらぎを求めて

いつしか かの胸にいかりをおろす

呼び合う世界で空と海が出会う

おまえは歌になり流れていく

遠い波の彼方に金色の光がある

永遠の輝きに命のかじをとろう

遠い波の彼方に金色の光がある

永遠の輝きに命のかじをとろう

提供: うたまっぷ