歌詞

幸福になる100通りの方法

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

そして愛と感謝とが

同じものだと気づいた

そしたらとても しあわせになった

しあわせはすぐ近くにいた


ねぇ思い出してごらん 出会った時のこと

すれ違うそれだけで しあわせだった

名前を知って 目と目が合って

ドキドキしたら 三月元気でいられたあの日


初めて電話した時 声も指も震えてた

何を話したか憶えてなかった

既にその頃 僕の心の中に

愛に思い上がる種は 播かれていたんだろう


しあわせになる方法なんて 100通りもある

ありがとうと言えば 向こうから近づいて来るのに


なのに人は 何故何もかもに

思い上がってしまうのだろう


君の為ならば何を 捨てても惜しくなかった

夢も仕事も時間も 友達さえも

酔い痴れ乍ら 登りつめてた

紅いルージュで ひと月元気でいられたあの日


それから僕等は長い だらだら坂をくだって

笑顔も言葉も少なくなりはじめた

ガラスの靴の魔法がとけて

物語の二人は くすんだ ただの人になる


しあわせになる方法なんて 100通りもある

ありがとうと言えば 向こうから近づいて来るのに


なのに人は 何故しあわせに

思い上がってしまうのだろう


ねぇ思い出してごらん 出会った時のこと

すれ違うそれだけで しあわせだった

あの日の僕が 今の僕を

見たなら どんなにどんなに自分を悲しむだろう


そして愛と感謝とが 同じものだと気づいた

そしたらとても しあわせになった

しあわせはすぐ近くにいた

ほんとうにとても近くにいた


しあわせになる方法なんて 100通りもある

ありがとうと言えば 向こうから近づいてくるんだ


しあわせになる方法なんて 100通りもある

ありがとうと言えば 向こうから近づいてくるんだ

提供: うたまっぷ