歌詞

Trip

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

摩天の森が呼吸をしてる

恋人達は呑み込まれて


レモンの月が落とす滴

素肌に浴びたい気もするわ


しゃらしゃら 涙も溜まらないうちに

また恋の迷路 手を引かれて行く


心の隅にある 守れない場所

言葉のやさしさで 崩れ始める

そこからは 入れ替わるシルエット


過ごした部屋は 星の近く

ガラスの小箱で 舞い降りた


はしゃいだ夜に 静かな朝

街の目覚めは 恋の眠り


しゃらしゃら 愛さえ使い分けされて

擦り切れた弦を いたわりながらも


心に棲みついた 顔と身体と

少女の切なさが 傾いて行く

そこからは 入れ替わるシルエット


心の隅にある 守れない場所

言葉のやさしさで 崩れ始める

そこからは 入れ替わるシルエット


心に棲みついた 顔と身体と

少女の切なさが 傾いて行く

そこからは 入れ替わるシルエット


そこからは 入れ替わるシルエット

提供: うたまっぷ