歌詞

鍵の数

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水/平井夏美

鍵を束ねてあんなに

とめ金まではずれる程

車も部屋も引き出しも

大事なものがあふれて


鍵と朝から一緒に

働いたり 微笑んだり

夜の帳が降りるまで

確かめたり 眺めたり


はにかむ程 この街をさまよって

思い出まで胸に閉じ込め

ひとりでいつまでも傷ついていたいの


また出来事を日記に

書きかえたり 消してみたり

夜は眠りにつくまえに

まぶたにまで鍵かけて


愛がすべて 日々夜ごと夢枕

幸せまで胸に閉じ込め

孤独なこの街で安らいでいたいの


扉を閉めて今夜は

秘密にして数えてみて

悩みの数は銀色の

鍵の数と同じはず

提供: うたまっぷ