歌詞

カナディアン アコーデオン

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
筒美京平

森のあいだを曲線の道が静かにのびてゆく

深いブルーに沈み込んだ湖

無数に舞い散る粉雪が風を形にして見せる

冬の景色に流れそうな黄昏


君は窓辺にもたれたままで

僕は後ろの揺れない席で

バスのラジオが旅行く人に やさしく

冬を奏でる カナディアン アコーデオン


冬の主にコヨーテが夜を知らせに駆けてゆく

空を見事に飾りつけた星屑

尖ったシャープな三日月が恋をリアルに見せかける

恋の視線をはぐらかしたオーロラ


君が誰だか知らないけれど

僕は何にも言わないけれど

恋の言葉は異国の響き ささやき

冬を奏でる カナディアン アコーデオン Uh


君は窓辺にもたれたままで

僕は後ろの揺れない席で

バスのラジオが旅行く人に あなたに

冬を奏でる カナディアン アコーデオン

提供: うたまっぷ