歌詞

瀬能あづさ

作詞
三浦徳子
作曲
高見沢俊彦

枯れ葉が頬をかすめてく

まるでナイフの冷たさのように


あなたの愛に抱かれても

何故か この胸 寒い風が吹く


一年前の私 どこにもいないのよ

誰かの瞳へと 吸いこまれたの


きっと… 不幸じゃないけれど


幸福と言えない

愛の森の中 迷い込んだ…


街の灯りが誘う頃

本当のことを 話すつもりだわ

誰かのことを 隠すたび

二人の愛も 嘘になってゆく


恋は真夏のままで

いられはしないけど

夏を探し続け 生きてゆきたい


もっと…傷つけていいのに

傷つけられなくて

哀しいくらいに 今はもう秋


なぜ なぜ 人は 生まれ… 恋に

なぜ なぜ 堕ちるの 今… 知りたい

せつなさだけ 燃えているの

今は秋ね…


あなたの愛に抱かれても

何故か この胸 寒い風が吹く


もっと 運命を下さい

泣けるほど 星空

私の心に 愛を映して

きっと…わがままが一番

やさしさに近いね

心変わりさえ… 責めない人


傷つけていいのに

傷つけられなくて

哀しいくらいに… 今はもう秋…

提供: うたまっぷ