歌詞

9月のHometownから

杏里

作詞
吉元由美
作曲
ANRI

素足に冷たい床の上にそっと下りれば

子供みたい あなたの眠る顔

無防備すぎて笑ってしまう


こんな小さな瞬間のつながりを

しあわせと呼ぶのでしょう

夏を惜しむ太陽が

カラカラ 音を立ててる


9月の恋は激しさ通り過ぎて

ふたりは深い愛を見つめあう

Hometownは私達が出逢った I love you

この街角 そしてこの部屋


ガラスの砂 歩くような恋が

夏の私に似合ってたけど


生れたばかりの朝の陽の匂いを

あなたには感じていた

そっと心 まかせたら

急に自由になった気がしたのよ


Hu… Hu… Hu… Hu… Hu…

Tu Tu Tu Tu Tu Tu Tu


9月になれば季節過ぎてゆくよう

いろんな愛を誰もが見送って

Hometownに悲しみをあずけよう I love you

あなたがほら ここにいるから I love you


Hu… Hu… Hu… Hu… Hu… Hu…

提供: うたまっぷ