歌詞

真夜中のダンディー

桑田佳祐

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

暗い女の部屋でマヌケな肌をさらし

おぼえ始めの味でうなじを真っ赤に染めて

世慣れたウソもつけない頃は

色気の中で我を忘れてた

中途半端な義理で親父のために学び

他人の顔色だけを窺い拍手をあびて

泣かない事を誓った日々は

無邪気に笑う事も忘れてた


真夜中のダンディー ダンディー

俺は生きている

悲しみのダンディー ダンディー

汚れた瞳のBrother…

このホホを濡らすのは 嗚呼 雨だった


友は政治と酒におぼれて声を枯らし

俺はしがらみ抱いてあこぎな搾取の中に

生まれたことを口惜んだ時にゃ

背広の中に金銭があふれてた


真夜中のダンディー ダンディー

風が吹いている

悲しみのダンディー ダンディー

同じ顔のBrother…

追い風に煽られて 嗚呼 逃げてゆく


愛と平和を歌う世代がくれたものは

身を守るのと 知らぬそぶりと悪魔の魂

隣の空は灰色なのに

幸せならば顔をそむけてる


夢も希望も現在は格子の窓の外に

長い旅路の果てに魅惑の明日は来ない

可愛い妻は身ごもりながら

可憐な過去をきっと憂いてる


真夜中のダンディー ダンディー

誰が待っている?

悲しみのダンディー ダンディー

過去にすがるBrother…

降り注ぐ太陽が 嗚呼 影を呼ぶ

愛しさを知る程に 嗚呼 老いてゆく

またひとつ消えたのは 嗚呼 愛だった

提供: うたまっぷ