歌詞

No.1

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

お互いのことをもう さぐるのはやめよう

もうわかっている

君は僕が好きで 僕は君が好き

幸せにするといつでも 思ってはいるけど

どんな風に すればいいか

この僕にもわからない そんなもの

二人で歩いてみよう

一人ぼっちだった自分を

お互いに忘れずに いればきっと平気

今までで一番 素敵な恋をしようよ

もうこんな僕で

いいかななんて思わない

世界で一番 素敵な恋をしようよ

とりあえずそれが 僕らの目標


子供の頃の写真を 君に見せたとき

あたりまえだけど

自分がいないから くやしいといったね

夕暮れ僕の街には

チョコレイト工場のにおいがする

いつかおいで

あの河原に自転車で つれて行くよ

君は気付いていない

しゃべり方少しづつだけど

僕に似てる もっともっと

変えてしまいたい

君を笑わせたい 力ずくでも笑わせたい

そして年をとり

いつかしわくちゃになったら

そのわけは僕の せいだと言わせたいんだ

君のほほえみは みんなを幸せにする


今までで一番 素敵な恋をしようよ

もうこんな僕で

いいかななんて思わない

世界で一番 素敵な恋をしようよ

とりあえずそれが 僕らの目標

君のほほえみは みんなを幸せにする

提供: うたまっぷ