歌詞

2つの願い

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

今朝からずっと雨音の

すきまに耳をすましてる

TVドラマの電話と

間違えないように

内緒で二人 5泊6日

国際線の窓で見た

雲をたたえて落ちる

夕焼けが恋しい


誰かのうわさを聞いた

君をすこしうたぐった

そんな自分をもっともっと

うたがいたくなる


Oh 雨がやみますように

電話がきますように

二つの願いは必ず

ひとつしかかなわない

僕の笑顔のもとは

なにも君だけじゃない

新聞でロードショー探す

でもまだ迷ってる


映画館を出たらすぐ

タクシーをつかまえよう

自分のために何か

思うのは久しぶり


フロントガラス雨粒を

赤信号がルビーに変える

きっと僕があげたくて

君がほしかったもの


誰かにはくだらない

ものでも両手に抱えて

大事にしてれば いつか

何か教えてくれる


Oh 雨がやみますように

そう 君がやったように

二つの願いの一つは

この僕が選ばなきゃ

さよならと言われるより

言うほうがきっとつらい

優しさを手に入れるときは

胸が少しだけ痛い


雨がやみますように

電話がきますように

二つの願いは必ず

ひとつしかかなわない

僕の笑顔のもとは

何も君だけじゃない

着替えをしてドアを開けたら

雲間に日がさしてた

提供: うたまっぷ