歌詞

アネモネ

杏子

作詞
杏子
作曲
辻畑鉄也

アネモネ摘みとった手を強く引き寄せたのはあなたで

無理矢理奪われること待っていたのは私


束縛されることさえ幸せに感じてたあの頃

笑えるほどひたむきに待つ夜は長かった


話し方がたまらなく好きだった

向い合わせ 時が往くのも忘れ

あなたのために 私何でもできたわ


アネモネの花びら 淡く 切なく 揺れた


アネモネ摘みとった手を強く引き寄せたのはあなたで

無理矢理奪われること待っていたのは私


甘い恋にうかれていたみたいね

あたりまえのことも 気づかずにいた

季節が過ぎたあとの景色が変わること


二人だけは特別な出逢いだと

たび重なる偶然を運命と

あなたの無邪気な嘘 すべてを壊してく


アネモネ摘みとった手を傷つけたのは誰

提供: うたまっぷ