歌詞

ズル休み

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

帰り道のコンビニには

なんでもそろってるけど

二人をもとに戻す 接着剤はないらしい

日曜出勤から つかれてもどる僕は

一人ぼっちのつまった 袋を片手にドアあける

留守電の点滅 四件は友達の声で

残りの一つはいったい

何て呼べば 僕は救われるの?

人は必ず誰かに 愛されてると言えるよ

だって僕は今でも君を

とてもとても好きだから


明日は月曜日 会社をズル休みして

すいたコーヒーショップで

おなかいっぱい食べよう

煙草をとり出して

ぼんやりしてるうちに

ウエイトレスがカップと

気持ちまで全部片づけて行く

忙しさになんか 負けない恋だと思ってた

あの時 雑誌についてた

占いなんて嘘だと思っていた

恋人が今いなくても いるとどうか嘘をついて

僕も「幸せでよかったね」と

うまく嘘をつくから

僕は誰かを探すよ それはきっと君のためだよ

例えば髪を切るように 生き方は変えられない

人は必ず誰かに 愛されてると言えるよ

だって僕は今でも君を

とてもとても好きだから

人は必ず誰かに 愛されてると思いたい

君のこと想うように 僕もいつか愛されたい

提供: うたまっぷ