歌詞

最後のKISS

谷村有美

作詞
谷村有美
作曲
谷村有美

息がかかる距離まで近づいて

息を潜め あなたを見つめた

見慣れてたはずのまつ毛も唇も

こんなに見つめるのは 初めてな気がするわ

目が覚める前に出てゆく決心

眠ってるあなたは知らない

ホルダーをはずされた部屋の鍵が

テーブルで寂しげにさよなら見つめてる

最後のKISSは甘く切なく 軽いほうがいい

ゴメンネさえ言えないままで

やさしいふりばかりしていた

あなたのために 小さなKISSを

残してくから起きないで


フライパンも歯ブラシも目覚しも

灰皿も もう二度と逢わない

はがされたポスターの白い後が

あの頃の想い出 映し出すスクリーン

最後のKISSは 甘く切なく軽いほうがいい

温もりさえ もうつらいだけ

なぜもう少しお互いのこと

大事にしなかった

最初のKISSを思い出すなんて 皮肉だわ

愛だけじゃなぜしあわせになれない

愛しすぎてお互い 窮屈になってた

最後のKISSは 甘く切なく軽いほうがいい

ゴメンネさえ言えないままで

やさしいふりばかりしていた

あなたのために

小さなKISSを始まりにして歩き出す

提供: うたまっぷ