歌詞

マスターの独り言

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

いつのまにやら 外は雨のようだ

今夜はもう 店をしめて

愛する女の 待つ場所へ

ほんの少しは 早足で


生きていると云う事は

こんな感じのものサ

くり返しているような

そうでもないような


悪くない 悪くない

今夜の雨も 悪くない

悪くない 悪くない

今夜の雨も 悪くない


朝帰りの つき合いはもうつらい

若い女を 信じるより

今の自分に 似合うのは

誰かの話を 聞く事サ


何かが生まれる時と

消えゆく運命のものと

ありきたりのような

そうでもないような


悪くない 悪くない

月日の数も 悪くない

悪くない 悪くない

月日の数も 悪くない


恋をするのに 理屈はないけれど

好きになっては ならぬ時もある

人それぞれが 帰るのは

いつも同じの 道じゃない


輝く星の 喜び

沈む夕陽の たそがれ

見慣れているような

そうでもないような


悪くない 悪くない

皆いい女だったから

悪くない 悪くない

皆いい男だったから


悪くない 悪くない

今夜の雨も 悪くない

悪くない 悪くない

今夜の雨も 悪くない

提供: うたまっぷ