歌詞

ささやかなこの人生'94

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

花びらが散ったあとの

桜がとても冷たくされるように

誰にも心の片隅に

見せたくはないものがあるよね


だけど人を愛したら

誰でも心のとびらを閉め忘れては

傷つきそして傷つけて

ひきかえすことの出来ない人生に気がつく


やさしかった恋人達よ

ふり返るのはやめよう

時の流れを背中で感じて

夕焼けに涙すればいい


誰かを愛したその日には

たとえばちっぽけな絵葉書にも心が動き

愛をなくしたその日には

街角の唄にもふと足を止めたりする


風よ季節の訪れを

告げたら淋しい人の心に吹け

そしてめぐる季節よ

その愛を拾って終わりのない物語を作れ


やさしかった恋人達よ

ささやかなこの人生を

喜びとか悲しみとかの

言葉で決めて欲しくはない

提供: うたまっぷ