歌詞

女の生命は短くて

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

友達は有り難いもの

外泊の作戦のおかげ

彼の部屋で過ごす

憧れてた朝

バッグへと忍ばせていた

化粧水と密やかな期待

半年は彼にも

内緒にしとこう


だけどちょっと 悪いような

嬉しさの分 謝りたいよな

幸せって何か少しの

犠牲と引き替えなのね


女の生命は短い

今しかないの

恋の生命は愛しい

口笛でいい 吹き続けて

嘘の生命を守れば

真実になる

ポケットの石磨けば

光るダイヤ

これ 意外に本当


見ないふり でも本当は

思い切り点検の嵐

本や服やビデオ

頭がメモるの

窓開けてレールに付いた

長いウエーブ 私の髪じゃない

前の恋のお土産

風に飛んでった


切なくって 知りたくて

振り向けばくれた瞳magic

こだわり今捨て生まれた

私は恋のビーナス


女の生命は短い

美しくなれ

恋の生命は愛しい

知らなかった気持ちのBirthday

嘘の生命を守れば

やさしさになる

閉じた心のファスナー

覗くロマンス

これ 意外に本当


女の生命は短い

今しかないの

恋の生命は愛しい

口笛でいい 吹き続けて

嘘の生命を守れば

真実になる

ポケットの石磨けば

光るダイヤ

これ 意外に本当

提供: うたまっぷ