歌詞

玄海の漁師

秋岡秀治

作詞
馬津川まさを
作曲
サトウ進一

漁場に賭けた 男等が

船の舳先に 御神酒を祭り

背中丸めて 焼酎くみ交わす

惚れた女房と 子供の為に

二百浬に 船を出す

俺もお前も 玄海の漁師


根性だけは 親ゆずり

他船のやれない 荒波越える

明日の稼ぎは この腕しだい

意地と度胸が 大漁船だ

やるぞ見てくれ 男意気

俺もお前も 玄海の漁師


親父が孫を 抱きながら

涙噛みしめ 髭面なでる

苦労重ねて 六十五年

俺を育てた 荒くれ海で

親子二代の 暴れ者

俺もお前も 玄海の漁師

提供: うたまっぷ