歌詞

桃と林檎の物語

美山絢子

作詞
市川睦月
作曲
三木たかし

桃を二つ 買って帰った

あなたと 一つずつ 食べようと思って

狭い部屋に 西日がさして

あなたは いなかった 夕暮れの手品みたいに

こんなはずじゃなかったわ

誰だって 明日なんか 見えないけれど

こんなはずじゃなかったわ

蜩の雨の降る中 私 途方に暮れた


前の女と いっしょにいると

うわさが 聞こえるわ 秋風のお節介

あなたいつも 言ってたじゃない

男を だめにする 身勝手な悪い女と

人のことは言えないわ

窓の空 お月さまも 見えないから

人のことは言えないわ

火の消えた煙草くわえて 私 ため息ついた


林檎一つ 赤くさみしく

あなたの ことなんか 何もかも忘れた

女ひとり こんな暮らしも

いまどき 世間では めずらしい話じゃないわ

白い小雪ちらちらと

この冬は 久しぶりに 一人だから

白い小雪ちらちらと

妹を呼んでやろうと 私 手紙を書いた


長い 手紙を書いた

提供: うたまっぷ