歌詞

恋するお店

前川清

作詞
千家和也
作曲
伊藤薫

盛り場地図で 場末のはずれ

見落としそうな ちいさな店よ

港で暮らす 荒くれたちを

なじみの客に かれこれ四年

ぶしつけですが 案内状を

今日出しました 迷ったあげく

別れておいて 会いたいなんて

いまさら言えた 義理ではないですが

私の生きざまを 女の生きざまを

あなたにひと目 見てほしくって


時化ともなれば 昼日なかから

酔いどれたちで にぎわう店よ

誰にも告げず 力も借りず

色気も売らず どうにか四年

いきなりですが 案内状を

今日出しました 本名書いて

ひとりでいると 女の身には

泪のたねが いろいろありますが

私の生きざまを 女の生きざまを

あなたにひと目 見てほしくって


身勝手ですが 案内状を

今日出しました 思いを込めて

昔のように 戻れるなんて

いい気なことは 考えてませんが

私の生きざまを 女の生きざまを

あなたにひと目 見てほしくって

提供: うたまっぷ