歌詞

花の乱

都はるみ

作詞
阿木燿子
作曲
三枝成彰

咲き誇る夢 散り急ぐ花

この世で儚いものは 時の移ろい


寄せ返す波 泣き濡れた砂

人の営みにも似て 永遠に繰り返す


女として 愛されたいと

それだけが本当は望み

生命の限り


男として 真実であれと

呪文のように願うのは

身勝手ですか


吹き荒れる風 舞い踊る木々

薄紅色の吹雪に 愛も凍ります


十六夜の月 満ち潮の海

この世の習わし通り 満ちれば欠ける


ひとひらの恋 生き急ぐ日々

二度と帰らないものは 過ぎ去った季節


女として 抱かれたかった

黒髪でこの身を縛り

炎のように


男として 見事であれと

唇噛んで想うのは

薄情ですか


紅の闇 一人寝の夜

溜め息つけば心が 千千に乱れます

提供: うたまっぷ