歌詞

酒情歌

真木ことみ

作詞
たきのえいじ
作曲
市川昭介

秋がくるのを 待ちきれず

枝を離れる 春落葉

酔わせてあなた 立てない位

生きているのが 辛い日は

酒が今夜も 心を叱る


ほんのはずみと 云うけれど

惚れりゃ女は 命がけ

酔わせてあなた 心も肌も

ひとりこの身を 持て余す

風が今夜も 背中を叩く


夢とお酒を ふところに

入れてあなたは かくれんぼ

酔わせてあなた なり振り捨てて

すがりつきたい その胸に

雨が今夜も 涙を誘う

提供: うたまっぷ