歌詞

HOLD ON TIGHT TO YOUR DREAM

沢田聖子

作詞
沢田聖子
作曲
沢田聖子

クラブハウスで騒いだ仲間とは

同じように歩いて行けると

信じていた

あの頃みたいに夢中で話すれば

"もう若くはないさ"と

誰かが呟いた


学生という肩書きを

失くした季節から

心にまでスーツを着せて

臆病にならないで


あなたは純粋すぎる人だから

生きるほどに心の傷

増えるけれど

変わらぬ景色の中で退屈に流されるより

我がままな生き方がステキ


少年のように走り抜けて

冷めた時代に輝いて

それが一番あなたらしい

ずっと追いかけて行く


学生という肩書きを

失くした季節から

心にまでスーツを着せて

臆病にならないで

提供: うたまっぷ