歌詞

Rockdom

THE ALFEE

作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦

覚えているかあの夜

20歳の誕生日

お前と聞いた"サマー・タイム・ブルース"

若さの他には何もない

俺達の愛は転がる石のようだった


そこにお前がいるそれだけで

倖せと感じてたあの頃

安いバーボンで酔うほどに

未来は俺達のためにあると信じてた


When I was young 1969

風に吹かれていただけさ


ロック・アウトされたキャンパス

やりきれないほどに灰色の毎日だった

あいつが死んだ夜も

何も知らずに俺達は

抱き合ってた


時の流れに追われる俺に

ふと懐かしくよみがえる

愛と呼ぶには幼なすぎた

お前との暮らしとその微笑みすべてを


When I was young 1969

風に吹かれていただけさ


Oh Yeah


陽炎のように光の中で

揺れてる想い出たち

懐かしき恋人

仲間たちの笑顔

まぶしく輝くその時


涙の雫があふれだして

よみがえる二人の"アズ・ティアーズ・ゴー・バイ"

別れの朝背中にもたれ

サヨナラも言えずに壁を見つめていた


そこにお前がいるそれだけで

倖せと感じてたあの頃

安いバーボンで酔うほどに

未来は俺達のためにあると信じてた


When I was young 1969

風に吹かれていただけさ


俺達の時代を忘れないで

風に吹かれていたあの頃を

俺達の時代を忘れないで

風に吹かれていたあの頃を

俺達の時代を忘れないで

風に吹かれていたあの頃を

俺達の時代を忘れないで

風に吹かれていたあの頃を


俺達の時代を忘れないで

俺達の時代を忘れないで…

提供: うたまっぷ