歌詞

Hothouse Fruit

宇都宮隆

作詞
川村真澄
作曲
石井恭史

ストライプのシャツの上からでいい

肌を感じさせてくれ

二人は癖になる 無差別になる

罪は軽くなる


ガンメタのボディーに もたれかかって

キスもしない まさかこんなはずじゃない

本当のテイスト教えて


温室で育った果実のように

熟れる季節を間違えて

蜜の味だけ ふりまくなら

証拠を見せて

それが恋のかけ引きさ

(What you gonna do for me)

自分を捨てて

(What you gonna do for me)

何ができるか

(一瞬の夢を見て)

What you gonna do for me


明日になったなら もう誘わない

俺の気が変わる前に

その素直に伸びた 腕を伸ばして

ギアを入れてくれ


背伸びをしすぎてる ヒールを脱いで

組んだ足を ほどいてみたくなるだけ

本当の スタイルを 教えて


淑女のように 扱われて

言葉づかいも 変わるのに

少女のふりで 逃げ出すのは

意気地がないさ

それが恋のかけ引きさ

(What you gonna do for me)

プライド捨てて

(What you gonna do for me)

何が欲しいか

(一瞬の夢を見て)

What you gonna do for me


温室で育った果実のように

熟れる季節を間違えて

蜜の味だけ ふりまくなら

証拠を見せて

それが恋のかけ引きさ

(What you gonna do for me)

自分を捨てて

(What you gonna do for me)

何ができるか

(一瞬の夢を見て)

What you gonna do for me


(What you gonna do for me)

プライド捨てて

(What you gonna do for me)

何が欲しいか

(一瞬の夢を見て)

What you gonna do for me


(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

(What you gonna do for me)

提供: うたまっぷ